サラリーマン

悪化させないために利用

開発当初の3.5インチhddは振動に弱く復元作業は必須でした。

サラリーマン

hddのトラブルの原因で多いのが、誤操作によってデータを消去してしまったり、設定を誤って行なってしまったためにそれ以降の動作に問題が生じたりするトラブルです。 パソコンや基本OSに関する技術的なスキルが低いため、修復しているつもりが症状を悪化させてしまうといった場合もあります。 特にhddのデータ消去に関しては、一旦作業を中止してデータ復元用ツールをつかうことで元のデータを復元させる事ができます。 修復作業は個人でも行なえますが、ダメージの内容によってはやはり専門業者に委託するのが得策です。 hddに関わるデータ復元等に関して外部業者に委託した場合、ダメージの程度や作業内容等で金額は大きく変動しますが、概ね最低二万円から三万円程度が相場と思われます。 hddの復元については、ダメージが深くない限り作業内容は変わらないと思われるため、復旧費用もさほど変動はないと思われます。

従来はhddの主流は3.5インチ磁気ディスクを複数枚重ねて回転させ、ディスク間の隙間にヘッドを挿入して微細移動を制御しながら磁気的に情報を記録する方式をとっていました。 従って、開発当初は少々の振動や衝撃でもヘッドがディスクに接触してしまい破損してしまう事故が多発していました。その場合、磁気ディスクを破損してしまう事が多かったのでデータの復元は困難な場合がほとんどでした。 その後、ディスクは2.5インチの小型化がすすみ、衝撃や振動への耐久度も向上してきました。 そのためデータ復旧をはじめとする復元作業も可能な状態を維持できるまでになってきました。 更に、現在では不揮発性メモリを記録媒体にしたメモリディスクも市場投入されており、衝撃対策も完全に対策されるようになってきています。 今後はアプリケーションごとで用いられるhddのタイプも最適なタイプが用いられていくことが予想されます。

Copyright ©2015 日本データテクノロジーDEデータ復元|JDTPCリカバ All Rights Reserved.