サラリーマン

専門業者に相談する

ハードディスクの復元に付いて

女性

hddのデータ復元は状況によってかなり難易度が変わってきます。パソコンが壊れてしまってもhddを取り出してデータをコピーして復元することができる場合もあれば間違って消してしまって、すぐに復元ソフトを使っても復元できない場合もあります。 hddのデータを復元できるかは主にhddが壊れていない状態であることが最低条件となります。壊れかけならすぐにデータを取り出す必要があり、取り出せない場合は専門の復旧業者に頼むしかありませんが、高額な値段になることもありますし、復旧できる見込みも高くありません。復元ソフトでのファイルの復元はファイルサイズが小さい場合には復元できる可能性も高いですが、ファイルサイズが大きいものは難しいです。

ハードディスクが壊れる予兆

hddが壊れてしまった場合、基盤のパーツを交換したり、ヘッドを移植したりして直すことも場合によっては可能ですが、一般人には非常に困難な作業です。hddが壊れる前にデータを移すようにすることでデータを保護するようにするのがお勧めです。hddは壊れる前には多くの物がその予兆を出しています。ファイルの読み込みや書き込みエラーが出たり、変な音が出るようになったり、セクターエラーが出るようになったデータを他のhddに移してhddの交換をしましょう。システムドライブにしているものにこれらの予兆が出た場合はソフトを利用してOSごと丸ごとコピーするのがおすすめです。今まで使っていたシステムをそのまま使い続けられます。

Copyright ©2015 日本データテクノロジーDEデータ復元|JDTPCリカバ All Rights Reserved.