サラリーマン

取り扱いに気を付ける

外付けhddのトラブルの多くは操作者の不注意が多いので、取り扱いには十分な注意が必要です。

サラリーマン

外付けhddのトラブルには、大きく三つのタイプがります。 一つは、ソフト的なトラブルに起因するものがあります。これは主に外付けhddのデータを誤って消去したなどの場合です。この場合は、インターネット上に無料で公開されているデータ復元ソフトを利用する事で、初心者でも比較的簡単にファイルを修復する事が可能です。 二つ目は、外付けhddのデータを呼び出し中、あるいは書き込み中に誤って接続ケーブルを抜いてしまったりした場合です。このケースでは最悪の場合、外付けhddが認識されなくなる場合があります。高なってしまった場合には、外部の専門業者に依頼してデータの修復を依頼するのが得策です。 三つ目は、外付けhddを落下させてしまうなど、衝撃を与えてしまったりすることで破損してしまった場合です。この場合には、前述の状況とは異なりますが、結論としてはデータの修復を行うことが難しい場合があります。 いずれの場合も、作業中のちょっとしたミスによって発生するケースが多いです。従って、外付けhddの取り扱いには十分な注意が必要です。

問題が発生した状況や、症状などを加味して修復方法を検討することが大切です。

外付けhddのデータ修復は、比較的簡単にできる方法と、専門業者に依頼して修復作業を行なってもらう方がいい場合があります。 単純に、操作者の不注意とうによってデータファイルを消去してしまった場合などは、今日インターネット等で公開されているファイル情報の修復用アプリケーションを利用する事で、比較的簡単にデータを修復させる事が可能です。これは、基本OSのファイル管理方法において、ファイル名等の情報管理部と実データの記録部が異なる場所に記録されており、ファイル消去の操作では実データを消去せずファイル名だけを消去する方式を取っているためデータ修復が可能になります。 一方、外付けhddが認識されなくなった場合には、個人で修復作業を行うよりも専門業者に依頼して作業をしてもらう方が確実で安心です。 このように、問題の原因や症状等に応じて対応する事が大切です。

Copyright ©2015 日本データテクノロジーDEデータ復元|JDTPCリカバ All Rights Reserved.